<< 120周年 | HOME | あるね句会 >>
八日目の時間
 


道後で見かけた猫じゃらし。
透き通るようなみどりで、はっとしたのだけれど、
写真に撮ると、ちょっと暗い。
もっとカメラを上手に扱えるようにならなきゃあ。

***********************

高柳重信   ここに出席している人たちが、自分はどんな時間を生きようと思っているのか、それを聞いておきたいな。

阿部完市   その、どの時間というのは、たとえば朝、昼、夜の時間なのか、時、分、秒の時間なのか。

高柳重信   あんまり真正面から、卒業論文式に返事をしなくてもいいんだよ(笑)

折笠美秋   でしたらば、(笑)こういうとらえ方が出来ると思うんですよ。まあ、はじめに言葉ありき、で、天地創造をおっぱじめた神がいるわけですよね。月曜日に何をしました、火曜日に何をしました、そして日曜日、お休みになりました――。ですけれど、さて八日目に何をしましたか、ということですよね。その八日目の時間に生きるということが、僕はやっぱり詩だと思うんです。それで簡単に言えば、八日目には、神は絞首刑にされたと言ってもいいし、(笑)美女に寄ってたかられて感謝されたにしてもいいですけれども、その八日目についての思いに、僕は時間としては生きようともいます。そういう答えはどうですか。

(「俳句研究」俳句研究社・昭和44年3月号 座談会「俳句表現の可能性(その二)」)



阿部完市が、案外まじめなのも、
折笠美秋が、「おっぱじめた」なんて言葉を使うのも、
後の世から見れば、どれもたのしい。
八日目の時間に生きる。なんて素敵な言葉だろう。

この号は、渡辺白泉追悼号でもあり、
分かち書き表記の可能性についての特集も組まれている。
かつての総合誌の充実を思う。
| - | comments(3) | trackbacks(0)


COMMENT


このごろ、あたたかい家庭とか、夢とか愛とか、何のことやろと思うのですよ。
二十代の自分がそんなこと言ってたら、ああ、それって十年後、20年先のことを話しているのかな、と聞こえるわけですよ。

シャニムニ頑張って、確かに目指したモノを手に入れても、それにたいして感謝の気持ちがおこればいいのですが。私は「疲れたー」という気持ちが多いですね。笑。
祖父の遺体にさわったとき、あまりにも足の筋肉がおちていたのを覚えています。師事した老僧も同じでした。私も今は街を闊歩してますが、同じようになるでしょう。

そう思えば、
今愛している方がおられる場合は、その方との八日目が、つまり現在(而今にこん)が一番大事ということですかね。

八日目とは、はるか先にあるわけではないでしょ。800年先と言葉を置き換えても、それは今のことでしょう?

古池や蛙飛こむ水のをと
芭蕉

蛸壺やはかなき夢を夏の月 芭蕉
| しゅう | 2011/07/18 9:32 PM |
写真のことはよく判りませんが,キレイに撮れているのではないのですか(-_-)

まずは,操作方法を熟知して写真データを消さないようにしないとね(苦笑)
| 忍(SHINOBI) | 2011/07/18 3:53 PM |
八日目の蝉・・・檀れい と 井上真央 と



これも芭蕉の句である

 やがて死ぬ けしきは見えず 蝉の声

| 中江三青 | 2011/07/18 9:18 AM |
POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://sky.spica819.main.jp/trackback/312
TRACKBACK



きつねの望遠鏡

神野紗希のブログ。
俳句にまつわることを中心にした、
日常雑記です。


青嵐ピカソを見つけたのは誰   紗希

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
告知・募集関係
●「俳句研究」2011年夏の号発売。 中原道夫さんにロングインタビューさせてもらってます。
角川マーケティング「俳句研究」編集部

●NHK学園オープンスクールで、句会のカルチャー講座、担当します。
・NHK学園 国立本校
毎月 第四木曜日 10:30〜12:30
(7月28日・8月25日・9月22日)
お問い合わせ先  042-572-3151

・NHK学園 新宿教室
毎月 第三木曜日 13:30〜15:30
(7月21日・8月4日・9月15日←8月はお盆休みのため変則)
お問い合わせ先  03-5322-6564

●震災の影響で中断していたNHKカルチャーの講座、10月に再開します。
NHK町田教室「俳句入門 ことばの引力」第3土曜日10:30〜12:30。お問い合わせはNHK文化センター町田教室042-726-0112まで。

●7月15日発売の「俳壇」2011年8月号、
「俳壇トップランナー」に新作20句と、
櫂未知子さんに書いていただいた作家評が掲載。

●『虚子に学ぶ俳句365日』(草思社)発売中。
40句強、虚子句の評を書いてます。
1500円(税込・送料無料)。
ご希望の方は
spica819@gmail.com
まで。amazonなどでも購入できます。
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode